羨ましい友人の出会い

私の友人はもともと同じ会社の同期入社、男女では無く友人としてとても懇意にしています。
彼女はとてもきれいな容姿で職場でも人気はありましたが、どこかガードが固く取っ付きにくい印象がありました。
そんな感じなので男性スタッフからはどこか高嶺の花のような扱いで、恋愛まではなかなか発展しないようでした。
2年ほど同じ職場で働き私は会社を移りましたが、やめてからも時々お酒を飲んだりする仲でした。
ある日私の高校時代の同級生が田舎から上京、同窓会を兼ねて食事していたところに彼女からメール、食事の誘いだったので合流しました。
同級生4人の内の一人は田舎で実家の農業を手伝う野菜農家です。
彼女は東京生まれで垢抜けた才色兼備の女の子、とても話が合わないと思いきや、意外にその場の雰囲気が楽しそうです。
それから3年ほど経ち、その二人が婚約しました。
驚いたことに一目惚れしたのは彼女でした。
特にイケメンでもない農家の友達、でも彼女はその素朴で屈託のない表情に今まで経験の無いときめきを感じたのだそうです。
どこか大人っぽい彼女と子供のような無邪気な彼氏、アンバランスなそのカップルは彼女の積極的な押しの強さで実現しました。
出会いってわからないものだなあ、としみじみ思いますが、結婚後は田舎で農家を手伝う彼女はどんな暮らしになっていくのだろうと想像すると、友達としてもとても興味深くそして応援してみたくなります。

copyright (c) 後世に残したい出会い体験談 2013