ナンパできる人って羨ましい

学生時代から恋愛は人並みにしてきましたが、どうも自分から誘うのが苦手で特にナンパするとなると勇気が出なくて尻込みしてしまう性格です。
幸い女の子からアプローチされたりすることもたまにあったので出会いは無くはなかったのですが、タイプだなと思う娘がいてもアクションが起こせない自分にイライラすることも少なくありません。
友達とクラブへ遊びに行けば友達が声を掛けてくれますが、そんな時は彼に優先権があるのでどうしても後手を踏んでしまいます。
若気の至りでほどほどには遊んでいましたが、理想の女の子との出会いはそう簡単に実現しませんでした。
ナンパが苦手な理由に加え少しトラウマになっている体験があります。
新宿で飲んでいたある日、酒も程よく廻ってなぜかその日は女の子に声を掛けることに抵抗がありませんでした。
飲んでいた居酒屋がラフな雰囲気だったので隣席の女性陣とすぐ仲良くなれたのですが、珍しく僕から話しかけました。
気が合ったのでそのまま次の店へ、その日はそこまででしたが、後日その中の一人と食事することになりました。
軽くショッピングで時間を潰しそのまま食事へ行ったのですが、お酒を飲んでる途中何か言いたげな彼女を察して聞いてみました。
彼女、なんとニューハーフでした。
何か悪い気がして告白してくれたみたいでしたが、その時の驚きは今でも憶えています。
僕は動揺してしまい途中からよく思い出せないのですが、その後別れてから連絡することはありませんでした。
初めてと言ってもいいナンパがよりによってニューハーフって。
つくづくナンパには縁が無いと痛感し、それ以来ナンパはしてません。
でも誰が見ても女の子だったし、それもかなりかわいい娘でした。
ただただ残念な出会い体験です。

copyright (c) 後世に残したい出会い体験談 2013