バーでの出会いはおすすめ

30代前半の男性会社員です。

この年齢になってくると段々と男女が新しく出会う機会も少なくなってくるものです。
職場で何年も働いているため新規の出会いはほぼナシ。
20代の頃のようにガンガン積極的に合コンを開くということも少なくなってきました。
しかし何年たっても出会いというものはほしいわけで、私が最近使っている方法は街中にあるバーでの出会いです。
バーといっても日本には様々な種類があり、スポーツバー、ソウルバー、ジャズバー、ショットバー、他にもいろいろとあります。
そしてその店に通うような女性は多くの場合お店の雰囲気に見合った子が来店します。
やはり自分の空気に会わない店はなじめないということなのでしょう。
当然のことながら、いきなりナンパ目的で初めて来店するということはおすすめできません。
都心のスポーツバーならばそれもアリかと思いますが、そもそもそのようなバーには単独で来店するような女の子はいるはずもなく、思惑は思惑のままで終わってしまうでしょう。
どんな店でもある程度顔なじみになる必要があるので、2~3回くらいは通う必要があります。
そして自分の顔を店員に覚えてもらえば(基本バーテンは一回で顔を覚えますが)その次に来店する客に関してはもう常連扱いをするのがバーの常です。
土壌が開拓できたらあとは来店する女性に声をかけるだけです。
もちろんナンパな雰囲気は醸し出さず、この店はよく使うのか、酒強いのかなど、簡単なご挨拶から入れば大抵の女性客は会話に応じてくれるんです。
空気を読む能力が最低限必要ですが、その能力がある人だったら誰でもバーで出会うことは可能ですし、飲み会とかよりもじっくり相手と話すことが出来るので、相手を知るといった意味ではかなりおすすめです。

copyright (c) 後世に残したい出会い体験談 2013