後世に残したい出会い体験談

喫茶店でバイトしていた時の出会い

バイト先での女の子との出会いはこれまでも何度かありましたが、その中でも最もストレートに行った話をしようと思います。
私は高校を出てすぐ、最寄り駅からいくつか離れたところの駅にある大手チェーンの喫茶店でバイトを始めました。
お客さんは山ほど来ますが、同い年くらいで見た目も普通以上となると、大体十人中一人いれば御の字という感じでした。
中でもお気に入りだったのが、土曜日の午前中、それも開店とほとんど同時にやってくる女の子で、喫茶店なのにいつもコーヒーや紅茶などではなくジュース系を頼んでいました。
こういバイトをしたことのある人なら誰でもわかると思いますが、常連のお客さんへの対応は自然と変わっていくもので、私の場合もやはりその子に対しては他のお客さんより口調が優しかったよ、と当時のマネージャーに言われたことを覚えています。
まあ、話すことはといえば、私はほとんどレジではなく飲み物を作る方の仕事ばかりしていたので、出来上がりを渡す時に「こちら、お待たせしました」くらいしかセリフがなく、本当に残念でした(笑) ところがある日、初めての彼女との出会いから半年ほどたった頃でしょうか、夏の本当に暑い日、その子がいつものようにやって来て爽やかなジュース系の注文をします。
もちろん、作るのは私でした。
いざそれを渡そう、となった時、その子と目が合います。
まあ、このくらいならそれまでも何度かありました。
ですが、その日は彼女が何とメモを片手に「これ…、すいません。
」と言って話しかけてくれたのです。
しかし、私にはそれを受け取ることが出来ません。
なぜなら、私が働いていたチェーン店では、お客様から個人的なものをもらうことは一切禁止されていたからです。
私はとにかくそのままポケットにしまってしまいたいのをぐっと堪えて「ありがとうございます。
でも、お店のルールでそれはもらうことが出来ません。
」と言いました。
しかし、私の場合はそれで終わりません。
なぜなら、私もその子のことが気に入っていたからです。
小声で、付け足しました。
「もし都合が悪くなければ今日は12時には終わるので、その時にもう一度外で会えませんか?」 これで断られたら仕方がない、そう覚悟していました。
ですが、彼女の答えはOKでした。
すぐに「分かりました。
ちょうどは無理かもしれませんが、必ず待っています。
すぐ外はあれなので、向かいのもう一つの喫茶店にいます。
」と答えてくれました。
その時の私の気持ちは、今でも思い出せます。
本当に嬉しかったです。
その後、彼女とはしばらく付き合うことになりましたが、彼女が私のことを顔だけで気に入っていたことが分かり、1年ほどで別れてしまいました。
ですが、これほどすんなりことが運んだは経験はこれ一度しかなく、今となってもいい思い出です。

そのままの自分が一番

恋愛をするのにも、苦戦する時代になってきています。
学校や職場、サークルや部活、趣味仲間などといった枠組みだけでは、恋愛をすることが難しくなってきているのかもしれません。
出会い系サイトといった形の新しい出会いを試してみる方法も全くなしではないと思います。
知っている間柄ということで、逆にその後の生活に影響してしまうのではないかと、その一歩を踏み出せないといた気持ちもよくわかります。
若いうちならまだしも、成人を過ぎた大人にとって、職場恋愛というのは一般的に避けたいという人が多いようにも思います。
実際、自分がそうなったら考えてしまうような気がします。
このような抵抗を感じる気持ちがある半面、異性を求める男女の人数というのは非常にたくさんいるのではないでしょうか。
コミュニティーツールがこれほどまでに人気があるのは、そういった目的が高くあるようです。
しかし、見ず知らずの男女が惹かれるのは、見た目や外見、相手の社会的地位やお家柄などといったことから絞られるように思います。
そのような場所から、恋愛候補として発展するのは厳しい条件だというのがうかがえます。
やはり、自然な出会い方がお互いにとって一番良いのです。
それは、一般的に言われる男性が女性に一目惚れしたり、惚れ込むといったことです。
この場合が、お互い幸せを感じられるように思います。
ちょっと古い人たちにとってみたら、インターネットを通しての出会いなんてあり得ないというでしょう。
しかし、実際にはこういったメル友募集サイト~サクラ無しの出会えるサイト~でたくさんの人たちが最良のパートナーを見つけることに成功しております。
出会いのチャンスってどこにでも転がっているのは事実です。それがネットという最近の流行の方法であっても、食わず嫌いはダメだと思います。
実際に自分の目で確かめてネットでのメル友募集は出来ないとかを実感することができたら、やめればよいだけの話です。
もしかしたら、それでメル友と簡単に出会えることだってあるのが、インターネットです。

マイノリティの出会い方は特別なのか。

世の中には自分の物差しで計ることができないような事柄が多々起こるものです。
レズという言葉を耳にしたことがあるはずです。
彼女達がいったいどんな出会いをしているのか知っていましたか。
彼女たちマイノリティの人たちは通常の出会い方では、なかなかレズの方と出会うチャンスがないのです。
そういった人たち専用の出会えるサイトがあるのです。
ネットであれば、極力お互いのプライバシーは守りながら適度な距離を保ちながら、接していくことができます。
そういったことからも今凄い勢いで人気になっているのがレズ 出会い専門のコミュニティサイトなのです。
レズの人たちが人目を気にすることもなく、堂々と相手と交流することができる場所があれば、人気になるのも頷けるはずです。
ゲイの出会いが出来ちゃう驚きのサイトだってあります。
最近発見したのですが、こんなサイトも存在するほど今ゲイやレズたちの同性愛者たちのネットの出会いがアツいそうですね!
よく考えたら、リアルな出会いの一歩手前の段階では、こういったネットでのツールを役立てた方が出会いの確率がアップするのは当然といった感じです。
ゲイの人がこういった専門のサイトを知っているのと知らないとでは、出会いのチャンスが雲泥の差だと思いませんか。
24時間、365日出会いを見つけたいゲイの人たちとタイミングがあれば、即会いも可能です。
一度でも良いからまだ利用したことがない人は使ってみるべきだと思います。

よい出会いを求めたいときには

出会いの中には、最良の出会いとともに最悪の出会いというものも存在します。
女性の中には、ことごとく問題ありの男性との出会いばかりだという方もいますね。
この場合、運が悪かっただけではなく、自分自身がダメな男性を引き寄せている場合もあるのです。
まず、男性にとって心の広い女性というのは大いに魅力的に映りますが、男性のわがままに答えすぎると、もともとしっかりとしていた男性もどんどん堕落してしまいます。
最初のころは、優しくて男性らしかったのにと嘆く女性も多いのですが、その実、女性が男性を堕落させていることも多いのです。
お付き合いを続けていく中で、相手に嫌われたくないとはだれもが思いますが、そう思った時でも自分の主張すべき部分ははっきりと主張するようにしましょう。
さらに、女性の中には男性に依存してしまうタイプの方もいます。
依存型の女性の場合、男性が自分から離れていくのを防ぐために、男性の言いなりになってしまうケースも多くなります。
ただ、男性の言いなりで生活を送っていても、楽しく過ごすことはできませんので、ある程度の自立心を持ってお付き合いしていく必要があるのです。
このように、良い出会いを求めたいときには、まず自分を変えていくことも大切になります。
自分を変えることができれば、あとは出会いのチャンスを増やしていくことが大事です。
sns出会い-優良サイト特集-などは初心者のための出会えるサイトをご紹介しているサイトです。
自分を変えて新たな気持ちで恋愛や出会いを楽しみたい人にお勧めできると思います。
ネットの力を上手く活用することも非常に恋愛では大切なことです。
もっとこじんまりとしたような出会いの場があれば・・・そういった方には福島出会い-安心・安全サイトランキング-http://fukusima-deai.biz/ココがあります。
福島という小さな地域に的を絞った出会いができるので、カップル成功率はグッと高くなっています。
福島という地元での出会いを探す男女が集まっている賑やかなサイトです。
自分の思い通りに思いっきり出会いを求めてみて下さい。
茨城での出会いも負けていません。
首都圏には近いけど、田舎ものが多いと馬鹿にされちゃう県ですが、美男と美女が多いという統計もあると言われているのが茨城。
東京には遠いから茨城県内での出会いをしたいという方にはがっつり利用すべきサイトでしょう!
クリスマスシーズン前はとにかく彼氏や彼女が欲しいと思うのは当然です。
そういったときのために最後のチャンスと思って茨城での出会いを求めていきましょう。
信じて使ってみるべきことがまずは出会いの第一歩です。
茨城県での出会いに強いサイトを利用することがもっとも最高の出会いツールだと感じるはずです。

copyright (c) 後世に残したい出会い体験談 2013